編集部のオススメ記事

2021.11.19

宇内建設(株)が横須賀市消防局に車両寄付(2021年11月19日号横須賀・三浦・湘南版)

宇内建設(株)が横須賀市消防局に車両寄付(2021年11月19日号横須賀・三浦・湘南版)

宇内建設(株)が横須賀市消防局に車両寄付 

消防局「災害に強い街づくりに役立てたい」

  土砂崩れなどが発生した時に活躍する車両、ホイルローダー(ヤンマー製)を横須賀市長坂にある宇内建設(株)の代表取締役、宇内正城さんが横須賀市消防局に1台寄付をした。10月27日、同市消防総合訓練センターで上地克明横須賀市長から宇内さんに感謝状が贈られた。 
宇内さんは「昨年2月、逗子で発生した土砂崩れに女子高生が巻き込まれて亡くなる事故がありました。この時少しでも早く助けられないかとの思いが強くなりました」と、寄付のきっかけを話す。今回は個人の寄付だが、今年3月には土砂を掘削し、すくい取る油圧ショベルを1台、同社が寄付をしている。
同消防局では「これまで人力で対応していた救援がより迅速にできるようになり、災害に強い街づくりに繋がります」と感謝している。宇内さんは平成5年に横須賀市消防団に入団、昨年4月から同消防団長を務める。
贈呈式後、土砂で埋もれた人を救助する想定で模擬訓練が行われ救助隊員らは日頃の訓練を披露した。