編集部のオススメ記事

2021.11.04

「横須賀猫部」がめざす 愛あるまちづくり(2021年11月5日号横須賀・三浦・湘南版)

「横須賀猫部」がめざす 愛あるまちづくり(2021年11月5日号横須賀・三浦・湘南版)

 動物とふれあうことは大人にも子どもにも癒し効果を与える。「横須賀猫部」では人と猫が共生する住みやすいまちづくりを目指し、地域猫見守り活動や啓発イベント、猫をモチーフにした調理会など、楽しく活動している。

猫が好きな人も嫌いな人にも

 代表の平賀加代子さんは「子どもが幼稚園の時に飼い猫が死に、死を身近に感じた子の言葉を聞いてハッとした。子どもたちの情操教育のために何かできないか。猫が好きな人も嫌いな人も困っていることを解決するために発信しようと横須賀猫部を立ち上げました」と話す。現在11人の部員で活動中。

地域猫の見守り

  "地域猫"とは、近隣住民の理解と協力のもと、不妊去勢手術をして餌やりとトイレの管理をされている飼い主のいない猫のこと。平賀さんに手術費用が無料でできる方法を伺った。
地域猫活動ではエサ、水をあげて慣れてもらい → 猫ハウスや猫トイレの設置(自己所有地以外は許可が必要)→ 不妊去勢手術。
①どうぶつ基金(個人枠)または②横須賀動物愛護センター(世帯の異なる2名以上で、地域猫活動団体としてグループを作る)を利用する方法がある。①②とも活動報告などの義務があるが、これにより外に暮らす猫たちの数も減り、すべての猫が飼い猫になる。動物愛護が地域の美化へとつながる。
「横須賀猫部」では、子どもの孤食防止とコロナ禍の心のケアを目的とした「地域食堂」も計画している。行政機関との連携もしながら食事で心を和ませ、つらい思いや悩みをうちあけられる場にしたいと考えている。
※2022年4月スタートを目指している地域食堂は現在立ち上げのスタッフを募集している。詳細など問い合わせは、上記連絡先またはSNSで

【イベント情報】

映画『犬部!』のモデルとなったハナ動物病院・太田快作先生講演会

日時:12/5(日)16:00〜
場所:横須賀市産業交流プラザ
講師:太田快作先生(北里大学獣医畜産学部獣医学科卒)
※事前申込み制(定員30名)

猫フェス横須賀

地域猫啓発活動展示やペット同行避難展示のほか、可愛い雑貨やお菓子の販売などを行うイベントを開催。
日時:2022年2/27(日)10:00〜15:00

場所:横須賀市産業交流プラザ

調理会

動物をモチーフにしたメニューで食を楽しく、ものづくりを通して人と人のつながりを大切にという目的で開催。

【申込み・問い合わせ】 yokosukanekobu@yahoo.co.jp

※写真は猫のベッドとトイレがはいるケージ