編集部のオススメ記事

2021.11.19

国際ロボット競技会(URC)で優秀賞を受賞!(2021年11月19日号横須賀・三浦・湘南版)

国際ロボット競技会(URC)で優秀賞を受賞!(2021年11月19日号横須賀・三浦・湘南版)

パソコンスクール「スマイル」
国際ロボット競技会(URC)で優秀賞を受賞!

 パソコンスクール「スマイル」横須賀中央校(日ノ出町)でロボットプログラミングを学ぶ生徒が10月に開催された国際ロボット競技会(URC)2021で優秀作品賞を受賞した。これはアーテックエジソンアカデミー主催の小中学生対象のロボット競技会で今年5回目。「アイデアコンテスト部門」で優秀賞を受賞したのは大畑智樹さん(長沢中1年)。昨年はチーム3人で最優秀作品賞に輝き、2度目の快挙となった。
課題は『感染症対策』。大畑さんの作品は「マスク洗浄マシーン」で、使用したマスクを手軽に洗浄・消毒するというアイデア。審査員からは「機能的なデザイン。確かな技術力をベースにした優れた機構の開発。医療現場を思いやる優しい気持ち」などが評価された。
苦労した点は「ロボットの形をどう作るかで悩んだ。消毒液をプッシュするところが難しかった」と大畑さん。同校の丸山祐花先生は「授業で習った知識を自分で組み合わせて工夫する。この繰り返しで自力でやる力がつきます。大畑さんは諦めないで何度もチェックする力が素晴らしい」と話す。
今年はほかに「オンライン競技部門」「シミュレーションロボット競技部門」と3部門開催となった。大畑さんは「自分の想像をパソコンでプログラムに組み、ロボットの形を自由に作れるのが楽しい。また来年も競技会にチャレンジしたい」と目標を語った。

「アイデアコンテスト部門」など大会の様子はURCのHPで見ることができる
https://urc21.org/result.php